jreit-portfolio.com

J-REIT(不動産投資信託)によるポートフォリオの構築・運用をサポートするツールと情報を提供(無料)しています。

銘柄情報 シミュレータ ブログ ニュース 配当株ポータル 無料講座 免責事項

「参考ポートフォリオ」特集

地域分散を重視して組んでみたポートフォリオ

参考ポートフォリオとして、様々な銘柄が存在する中で、地域分散をテーマに銘柄を選んでポートフォリオを組んでみました。

以下が、選抜してみた銘柄です。

銘柄 投資地域 用途
福岡リート (8968) 九州 総合型(商業施設中心)
阪急リート (8977) 関西主体 総合型(商業施設中心)
ジャパン・ホテル・リート (8985) 全国 ホテル特化型
イオンリート (3292) 全国 商業施設特化型
日本リテールファンド (8953) 東京+地方都市 商業施設特化型
日本プロロジスリート (3283) 東京経済圏主体+地方経済圏 物流施設特化型
日本ヘルスケア (3308) 全国 ヘルスケア施設特化型
サムティ・レジデンシャル (3459) 地方都市主体 住居特化型
マリモ地方創生リート (3470) 地方都市主体 総合型(住居+商業施設中心)
大江戸温泉リート (3472) 全国 ホテル特化型
さくら総合リート (3473) 東京+地方都市 総合型
星野リゾート・リート (3287) 全国 ホテル・旅館特化型

これらの銘柄に対して、現在の株価を見ながら、1口単価の高い星野リゾート・リートを除き、保有口数を調整して、組んでみたポートフォリオ構成が以下です。

※株価は、2016年10月7日現在の株価データを使用しています。

ポートフォリオ構成配分

それでは、今回作成したポートフォリオの構成配分を見てみましょう。

用途別構成配分

用途別構成は、商業施設の配分が多くなりました。これは、地域特化銘柄である福岡リートや阪急リートが商業施設主体のため、また、全国地方都市に物件を保有するイオンリートと日本リテールファンドの商業施設型リートを組み入れたためです。 無理にすべてを組み込む必要はないため、これらの銘柄の中でも幾つか外せば、商業施設への偏りはなくなることでしょう。

域別構成配分

地域別構成は、以下のようになっています。地域分散を重視しましたので、特定の地域に偏ることなく、地域バランスの良い配分となりました。

分配金予想

このポートフォリオでの、分配金予想は、どうでしょう。年間で64,780円の受け取りと算出されました。 投資総額が、株価から算出すると、1,965,600円であるため、予想利回りは、3.296%となっています。 若干利回りが低めですが、これは上場後間もないマリモ地方創生リート、大江戸温泉リートやさくら総合リートを組み込んだため、まだ今期予想分配金が微々たるものであるためでしょう。

スポンサー別構成配分

スポンサーも見ておくことにしましょう。地域分散テーマでは、様々なスポンサー構成となりました。

総括

今回は、地域分散を重視して、ポートフォリオを組んでみました。地域分散をテーマにすると、様々な特徴を持つ銘柄が登場しました。

参考情報

※上記の図は、ポートフォリオ・シミュレータを使用してたものです。
最近の株価や構成データを使用して、シミュレーションを行うことが出来ます。

⇒ 「ポートフォリオ・シミュレータ」で見る。

© 2016 jreit-portfolio.com