jreit-portfolio.com

J-REIT(不動産投資信託)によるポートフォリオの構築・運用をサポートするツールと情報を提供(無料)しています。

銘柄情報 シミュレータ ブログ ニュース 配当株ポータル 無料講座 免責事項

「参考ポートフォリオ」特集

物件用途別で代表する銘柄を選んでみたポートフォリオ

参考ポートフォリオとして、J-REITの投資物件の用途別に、それぞれ代表するような銘柄を選んでポートフォリオを組んでみました。

以下が、用途別の代表として、選抜してみた銘柄です。

用途 銘柄 代表選抜メモ
オフィス 日本ビルファンド (8951) 日本ビルファンドは、資産規模・時価総額ともJリート最大で、オフィス特化リートの代表格の1つ。ジャパンリアルエステイトでも良いのですが。
住居 アドバンス・レジデンス (3269) アドバンス・レジデンスは、住宅系Jリート最大級の規模。負ののれん銘柄であり、安定的かと。
商業施設 日本リテールファンド (8953) 日本リテールファンドは、都市型も郊外型も、東京も地方都市も、スポンサーも、すべてバランス良しと。
物流施設 日本ロジスティクスファンド (8967) 日本ロジスティクスファンドは、日本初の「物流REIT」として、優良なポートフォリオを保有。安定と成長が見込めるかと。
ホテル ジャパン・ホテル・リート (8985) ホテル系は、それほど選択肢が多くない。代表銘柄としては、ジャパン・ホテル・リートで良いかと。
ヘルスケア施設 日本ヘルスケア (3308) ヘルスケア施設系も選択肢は多くない。ヘルスケアリート第一号として、日本ヘルスケアが相応しいかと。

これらの銘柄に対して、現在の株価を見ながら、ほぼ均衡するように組んでみたポートフォリオ構成が以下です。

※株価は、2016年10月6日現在の株価データを使用しています。

ポートフォリオ構成配分

それでは、今回作成したポートフォリオの構成配分を見てみましょう。

まずは、銘柄別ですが、投資口数で計算した通り、万遍なく、ほぼ均衡するような配分になっています。

用途別構成配分

用途別構成も、それぞれ代表銘柄を1つづつ選んで、株価に投資口数を掛け合わせて調整していますので、銘柄別と同じ構成配分になっています。

地域別構成配分

地域別構成は、以下のようになっています。東京を主体に、地方に分散されているようです。

分配金予想

このポートフォリオでの、分配金予想は、どうでしょう。年間で114,372円の受け取りと算出されました。 投資総額が、株価から算出すると、3,166,000円であるため、予想利回りは、3.613%となっています。

総括

今回は、用途別に代表銘柄を1つ選抜してポートフォリオを組んでみました。

まさに、日本のリート(J-REIT)を代表するような銘柄ばかりですから、安定感のあるバランス良いポートフォリオとなりました。

参考情報

※上記の図は、ポートフォリオ・シミュレータを使用してたものです。
最近の株価や構成データを使用して、シミュレーションを行うことが出来ます。

⇒ 「ポートフォリオ・シミュレータ」で見る。

© 2016 jreit-portfolio.com